東京賢治シュタイナー学校 教育講座のご案内 8月31日(土)

2013年7月20日 02:02

教育講座 第2弾

 ドイツからニース先生とナスト先生を迎えて2013年度・2回目の教育講座を行います。その内容について、お知らせいたします。


開催情報

日時 2013年8月31日(土) 9:00~13:00   *要予約

テーマ

講師

●第1講座 9:00~10:30

 「生きた生物としての地球」

講師:ミヒャエル・ニース・シュテファン

〇休憩時間 10:45~11:15

 「東京賢治シュタイナー学校の高等部について」 高等部教師

●第2講座 11:30~13:00

 「生きた思考としての射影幾何学」

 講師:ヨハネス・ナスト

通訳:鳥山雅代、ヴィリギリウス・フォーグル

料金 1,000円
場所 東京賢治の学校ホール

 

「生きた生物としての地球」  9:00~10:30  講師:ミヒャエル・ニース・シュテファン

 持続可能な未来をどのように築き上げていくのかということは現代の私たちの抱える大きなテーマです。シュタイナー学校の高等部ではまず地球の骨格としての地殻やマグマそしてそれらのもたらす火山や地震、海嶺海溝に取り組み、更には流動的な海流や大気圏をテーマにしていきます。そしてさらに自然環境が人々の生活に影響していくことを学ぶことを通して経済の問題にまで考えを及ぼしていきます。
 エコロジカルな考え方を持つ中で私たちの生き方が地球環境と大きく関わっていることを認識します。


「生きた思考としての射影幾何学」 11:30~13:00  講師:ヨハネス・ナスト

 高等部で抽象的な思考を確実なものにしていく手段の一つとして射影幾何学を行います。点や線そして面の関係から幾何学を考えていく取り組みの中で思考を発展させ、最終段階では思考の限界に来る「無限」の彼方で図形を表象する練習をします。このいわば純粋思考に向かっている道のりで生徒がいったい何を獲得していくのでしょうか? まさにこれがこの講座のテーマになっていくのです。

お申込み

ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにて必ずお申し込みください。

TEL  : 042-523-7112