ドイツ講師による授業

東京賢治シュタイナー学校では高等部の授業のために一年間に7人の講師が海外から来日してきます。

すべての講師はドイツ国内の各シュタイナー学校の高等部で長年豊かな経験を積み重ね、教員養成ゼミナールの講師でもあります。

各講師陣は2週間一日に2つか3つのエポック授業を行います。授業はすべて同時通訳が付き、講師と生徒の対話が直接可能になることで国際的なコミュニケーション能力と思考力、理解力が生徒の中に培われていきます。

《授業内容と講師一覧》

歴史 アルブレヒト・ヒュッティッヒ 自由ヴァルドルフ連盟代表理事
地理・歴史 マルコス・オーバーロイター クックスハーフェン・シュタイナー学校
物理 ヨハネス・ナスト ニュルティンゲン・シュタイナー学校
地学 ミヒャエル・ニース ニュルンベルク・シュタイナー学校
文学 コーネリア・ヴィルト ベルリン・メルキッシェスフィエテルシュタイナー学校
生物 イーリス・ディドヴィスツス ベルリン教員養成ゼミナール代表
化学 イェンス・メッケルンブルク ハンブルク・ベルクシュテットシュタイナー学校