3年の学び

テーマ

目覚めた意識で世界とつながっていく

学年の特徴

3年生は自分自身に目覚める年齢で、はっきりとした自意識が出てきます。同時に周りに対しても目覚め始めます。

1、2年生はまだ周りの世界と自分が一体です。そのため、先生の言うことをそのまま模倣して学んでいましたが、3年生になると、明らかに外の世界と自分自身が離れます。自分自身に目覚めるため、メルヘンの世界ではなく、実際の周りの世界に興味を持つようになります。家庭では父親や母親を批判するようにもなり、同じことが教師に対しても起こります。言わば、目覚めた証拠が反抗のかたちで出てくるのです。
この時期はとにかく現実の世界、自分の周りがどうなっているのかを知りたい年頃です。世界と離れているから不安に思うと同時に、つながりたいと思うのです。そのため、3年生の授業はすべての領域において現実世界での生活がテーマになります。

生活科では実際に家をつくったり、米をつくったりと、実生活の実践的な内容になっていきます。職人の学びでは、豆腐やパンはどうつくられるかなど職人の手が生み出すものの素晴らしさも学んでいきます。このように、目覚めた意識で新しく周りとつながることが、この世界は楽しいという大きな信頼になっていきます。
現実世界とつながると子どもの心は満たされ、メルヘンの世界を卒業し、新しい意識が芽生えます。このことは後にやってくる思春期になっても、心を閉じずに開いた意識を持つために大切なことです。そのためにも積極的に日常の中で、さまざまなものをつくることが有効なのです。

学年ごとの教科

文字(国語)

1年生から2年生までは、メルヘンやイソップ童話、聖人の話に親しんできましたが、3年生は「世界と自分の始まりをテーマとした物語」として旧約聖書の創世記を学んでいきます。これは、天地創造から人間が楽園から追放された後の話に取り組んでいきます。天国ではなく、地上の現実世界での話をたくさん学びます。自分の体験を書くということも始まり、語句の区切り方、句読点による文章の配置など、文法も意識していくようになります。

算数

四則計算(筆算)やかけ算の習熟とともに、度量計算を学んでいきます。これは長さ、重さ、量など日常生活に欠かせない大切な学びです。また、時間や暦についても学んでいきます。このように、3年生になると算数がただの数から実生活につながったものへと変化していきます。

四季の行事、自然体験(生活科)

米づくりや家づくりを体験します。家づくりでは、土台を築き、壁をつくり、屋根をふき、外界と遮断された空間をつくり出すプロセスの中で、自分自身の内部空間がつくられていくことも体験します。職人のエポックでは、お豆腐屋さんや鍛冶屋さんなどの素晴らしい職人さんの手の技について学び、最後には見学に行きます。米づくりでは、稲が芽生え、大地で育てる作業を通して、自分の中にある自我の芽生えを体験します。そして農業という世界に働きかける作業を学ぶのです。この授業では、最初から最後までものづくりを一部始終観察することで、現実世界とつながることができます。そして、つくる力は子どもたちの思考の力にもつながります。

音の体験(音楽)

2年生まではペンタトニックという、旋律が浮かんで主音に返ってこない曲ばかりでしたが、旋律がきちんと主音に着地するダイアトニックという音楽に移行します。子どもの内面に合わせて、メロディもふわふわと浮かばず、きちんと着地するのです。また、これまでの継続として、打楽器、笛、歌、動きを通して身体全体で音を体験していきます。

水彩(図画工作)

色のお話や物語の素材から、色の体験、色の調和、色の動きを学んでいきます。

手仕事(図画工作)

1年生から始めたかぎ針編みが複雑になり、実際に身につけるものとして帽子作りも始まります。

遊びの体育(体育)

1年生から始まった「遊びの体育」を継続的に行っていきますが、より動きや遊び、ゲームが複雑になっていきます。

フォルメン線描

花のように、中心から全体を描く点対称や非対称といった複雑なフォルムを描くようになります。

練習

1、2年生からの継続的な授業になります。エポック授業の内容を深め、定着させるためのもので、主に国語や算数の学習の中で漢字や計算の練習など、反復練習の必要なものを集中的に行います。

オイリュトミー

より目覚めた意識で、メルヘンや動物の世界から、リズムやメロディーや音階などの音楽の基礎的動きを学びます。言葉のオイリュトミーでは職人さんが登場する「ハインツェルメンヒェン」(ドイツケルンに伝わる小人のお話)を愉快に動きます。

学年ごとのイベント

職人さんのところへ見学に行く。田植えや収穫祭を行い、皆で自然に感謝をする。