4年の学び

テーマ

内なる目覚めと新たな世界とのつながり

学年の特徴

4年生は3年生で始まった目覚めが、より強化されていく時期です。子どもたちは新しい意識を持って、新しい世界に入っていくのです。

1、2年生とは遊ぶ友だちが変わる可能性もあります。一般的にも、けんかやいじめが起こりやすい時期でもありますが、それは自意識がはっきりしてくる中で好き嫌いが出てきたり、誰かを排除したりしたくなるからです。
そのため4年生は内面の変化を抱えつつも、周囲との関係の中で自分を鍛えていく時期、あるいはきちんと地上に根を下ろすまでの戦いの時期でもあります。

学ぶ教科も、現実世界に向かっていくことを練習するような内容に移行します。そこでメインになるのが郷土学という社会科の授業です。子どもの目覚めが大地とつながり、同時に空間だけでなく時間に対しても広がっていく時期なので、それを助けるように、学ぶ内容もひとつにまとまった世界ではなく、実際の世界と同じように多岐にわたる内容になります。

学年ごとの教科

文字(国語)

世界の各地域に伝わる神話(巨人たちが大げんかをするゲルマン神話など)を子どもたちに聞かせます。そこで強い自己が他の自己と戦いながら、折り合いをつけていくというのを追体験させます。

さらに空間や時間に対する意識が生まれる中で、「現在」「過去」「未来」という時間を意識した文章の学びが始まり、同じ動詞でもその3つの時間の中で表現が変わってくる体験をしていきます。

計算と幾何学(算数)

4年生になると、複雑な世界を分析していく力がついているので、分数を学び始めます。分数の“割る”という概念は、ある程度、抽象的な理解がないとできません。分数の計算自体はもっと早い段階でもこなすことはできますが、自分と世界がしっかり別れた後でなければ、本当の意味で理解することは難しいのです。このように人間の成長に合わせていくと、分数は4年生で学ぶのがベストと言えます。その他には、四則演算を発展させたり、100万の単位までを学んでいきます。

郷土学(社会)

4年生から始まる新しい教科が郷土学です。これは幅広く社会や自分が住んでいる場所を学んでいく授業です。子どもたちは自転車に乗れる年齢になるので、広い範囲で学び、自分たちの住んでいる地域の地理を把握していきます。これは4年生が現実に根ざしていく段階にあることとつながっています。また、過去という時間の概念が出てきて、理解が生まれるのもこの時期です。昔はどうだったのか、まずは自分が住んでいる地域の歴史を調べたり、実際に絵地図を描いたりします。この過去という観点があるからこそ、4年生にとって郷土学が重要な教科と言えるのです。また、郷土学は地理だけでなく、歴史や国語など、さまざまな教科が入る総合授業と言えるでしょう。

動物学(理科)

動物学も4年生から初めて学ぶ教科です。2年生のメルヘンに出てくるずるがしこい狐ではなく、今度は現実世界の種として、狐そのものを知っていくのです。動物学は、一般の学校での理科にあたりますが、まずは人間の身体のそれぞれの仕組みを学びます。その後、人間により近く、子どもたちにとっても身近な動物たちを学びます。そして、その動物の体の形態や形成に関して、自分たち人間の身体と比較しながら理解を深めていくため、動物がより身近になっていきます。

音の体験(音楽)

3度の雰囲気を学び、ダイアトニックの音階、輪唱、二声、三声の歌の演奏を通して、和声(長調・短調)を体験していきます。弦楽器や楽譜の学習も始まります。

水彩(図画工作)

色からフォルムへ移行します。

手仕事(図画工作)

縫物が導入され、クロスステッチという刺繍も始まります。これは交差させる刺繍で、交差は目覚めや覚醒を意味します。

体育

リズムやバランス感覚を養う運動や簡単な球技を行います。

英語(外国語)

4年生では1年生から3年生まで唱えてきた音がアルファベットという音と結びつきます。そこからアルファベットの習得に入り、アルファベットの文字と音を結びつけます。

フォルメン線描

結び目模様を描くという複雑なフォルムになっていきます。刺繍のクロスステッチと同様に、交差は目覚めや覚醒を表します。これは、4年生の心の中で起こっていることを、フォルムで表しているとも言えます。この練習をすることで、さらに子どもたちの感情が覚醒し、心が目覚めることをねらっています。

練習

エポック授業の内容を深め、定着させるためのもので、主に国語や算数の学習の中で漢字や計算の練習など、反復練習の必要なものを集中的に行います。

オイリュトミー

3年生までは円を描き、一体になって動いていましたが、4年生からは全員が正面を向き、全体の中の自分の位置や関係をさまざまな変容する過程で動き、体験します。また、音階や音も学び、輪唱や二声の曲を動き、表します。言葉のオイリュトミーでは子音と母音、文法の表現を学び、短歌や短い詩を動き、表します。

学年ごとのイベント

郷土学に関わる遠足や、自転車遠足。