2017年度小中学部入学式が行われました

今年度入学してきた15人の1年生。
1年生とご家族を迎えてお祝いするその場に立ち会いたいと、私もウキウキと会場の席につきました。ご両親のお膝にちょこんと座る姿はなんて可愛いんだろう。

我が子が入学した二年前、司会の先生が「今日は、この学校にとって一年で一番嬉しい日です。私たちの仲間が増える日だからです。」とおっしゃってくれて、とても感動したことを思い出します。迎える側になってみて改めて、その言葉通りだなあと実感。みんな本当に楽しみに新しい仲間を待っていました。

1年生が先生に名前を呼ばれ、ご両親のお膝からスッと立ち上がり草花のアーチをくぐる瞬間「本当に一人の、学び始める子どもになったんだなあ」と見ていてとても感動しました。

目の前の初々しい1年生、そしてそれを囲む全校生徒。子どもたち一年ごとの成長の行く先に、半月前の卒業式で見送った12年生の堂々とした晴れ姿が重なって感じられて…。
小さな学校だけれど、だからこそ仲間が増えることがこんなにも嬉しい。一人一人がとっても大切。改めてそう実感できる喜びを味わいました。

子どもたちにとっては毎日が宝物のような学校生活。親も日々学びの連続。新しいお仲間とも山あり谷ありを乗り越えて、子どもたちを真ん中にすえて共にありたいと思うのでした。

<3年保護者>