「たんぽぽこどもの園」の夏まつり ~準備編~

早いもので、今年もたんぽぽこどもの園は夏休みに突入。長い夏休みの初日には、毎年子どもも親も楽しみにしている「夏まつり」が行われました。

当日、園には午前中からお父さんとお母さん数人が集まって準備を始めます。

お父さんは主に外の会場づくり。

椅子と机を並べて、ビニールシートを敷いて。

砂場には大盤振る舞いで大量の砂が運ばれています。山のように積まれた砂も、夏祭りの特別なお楽しみに

お母さんは部屋の中でお料理の準備。 

たくさんのトウモロコシが大きな鍋で何度も茹で上げられて、部屋いっぱいに甘い匂いが立ち込めています。

 

最後は全員で、お米の粉をコロコロ丸めます。その数なんと、推定400500個!?

それを、トウモロコシを茹でたお鍋に入れてしばらく待ち、コロン、ココンと浮かんできたらザルであげます。

甘い香りをまとったつるつるのお団子ができあがりです。

ふっくらと茹で上がった大小さまざまなお団子の愛おしいこと。

これで下準備は完成。

あとは午後になり、みんなが来るのを待つのみです。

(文責:幼児部年中保護者)

・ ・ ・ ・ ・ ・

イベント情報や日常の様子を配信しています。インスタグラム、Facebook、メルマガ、LINEに、ぜひご登録下さい。

▲▲▲【シュタイナー教育100周年!】▲▲▲