🆙更新!ナスト先生が生徒たちにしてくれたこと


ナスト先生はニュルティンゲンからシュトゥットガルトへ行く途中に、テュービンゲンという素敵な古都で、生徒たちが有意義な観光ができるために、大きな力を貸してくださいました。

それは、テュービンゲンの坂の街をスーツケースをゴロゴロ引きながら観光するのは大変だ。

でもテュービンゲンの駅には手荷物預かり所もないと困っていたら、ナスト先生自ら、ニュルティンゲンでスーツケースをトラックに入れて、観光が終わったらテュービンゲンまでトラックで来てくれて、スーツケースを渡してくれるとのこと!

なんと素晴らしいはからいでしょうか!!!!!!!

しかもオイリュトミーの衣装を再来週来る時に、スーツケースに入れてすべてドイツから持って来てくれるのです。なんて素晴らしい!感動!お世話になります!




ありがとうございました!おかげさまで快適にテュービンゲンを観光できました。


このようにこの12年生のヨーロッパ美術旅行はたくさんの方々のたくさんの協力と愛情で成り立っています。初めてのヨーロッパ旅行での人々の出会いが、シュタイナー学校関係者のホームスティという出会いで、とても温かいものになりました。生徒たちを迎え入れてくださった親御さんの中では”こんなに素晴らしい生徒を我が家庭に連れてきてくれて、本当にありがとうございました”と逆に感謝をされてしまいました。

ホテルでは体験できない大きな出会いと愛情じ包まれて、深い深い文化交流が可能になりました。これもすべての今回の準備に関わってくださった方々のおかげです。本当にありがとうございました!