ニース先生のお礼の会

東京賢治シュタイナー学校では、2週間にわたり高等部で地理学のエポック授業を担当してくださっているニース先生のお礼の会がありました。

充実した学びと、さらにこの先をもっと学びたいと目覚めた11年生と、
秋のヨーロッパ芸術旅行でお世話になる12年生からお礼の言葉が送られました。

教師会からお孫さんへ、けん玉が送られました。
生徒の中にけん玉名人がいるので、デモンストレーションをしてもらいました。
アクロバティックな演技はとても見応えありました。しかし初心者が参考にするには高度すぎるので、最後にごく初歩的な演技をしてもらいました。