始業式

50日もあった特別な夏休みが明けて、東京賢治シュタイナー学校も1年生から8年生が集まり、始業の日を迎えました。高等部は、それぞれの実習先に向かい旅立っていきました。

8年生のリコーダー演奏で始まりました。

月の船の歌を合唱

夏休み前と後では学校のどこが変化したかという問いに、1年生は他の学年を抑え、さっさと手を挙げ、次から次へと答える場面もありました。

8年生の演奏で終わりました。