3年生の職人のエポック授業

東京賢治シュタイナー学校の3年生が、職人のエポック授業で日野市のお豆腐やさん三河屋さんに見学に行きました。お豆腐の製作工程を見て、にがりをなめて苦い思いをして、クラスでお豆腐を作るための大豆も購入してきました。最後にお礼にリコーダーを演奏しました。リコーダーの演奏は、短い見学時間でしたが充実した子供たちの気持ちがそのまま表現されているような、とてもすばらしい演奏でした。