全国の親の熱い想いが集結!保護者カンファレンス

2019年9月15日、シュタイナー学校誕生100周年記念として「保護者カンファレンス」を開催しました。テーマは「であおう!かたろう!つながろう!私たち・子どもたちの未来に向かって」。ホスト校として私たちは充実した会となるように寝る間も惜しんで準備し、当日を迎えました。参加された150人余りの保護者たち、全国7校のシュタイナー学校の保護者、そしてシュタイナー学校で学んでいる子どもたち、すべての人の想いが結集し、次の100年に向けた勇気と力が湧いてくるような、素晴らしい1日でした。

日本シュタイナー協会が主催し、日本全国7校のシュタイナー学校の保護者を集める初めての試みでしたが、朝の出会いの会では本校のホールに椅子を入れる余地もないほど大勢の親たちが集まりました。

朝の出会いの会は、笑いと驚きが絶えない90分間!各シュタイナー学校の歴史をその学校の保護者が熱く熱く語ってくださいました。テーマの1つ「であおう!」にピッタリな会となりました。

ホールで朝の出会いの会があった後は、分科会に分かれて昼食とグループワーク。

分科会1は、「運営・資金作り」、「家庭の中での工夫」、「気質」などのテーマから各自選び、それぞれの教室に分かれました。
進行役の保護者の案内に沿って語り合いながら、参加者全員で作り上げていきました。

私は「社会の中のシュタイナー教育」分科会で、シュタイナー学校が日本社会の中で現在どのような立場に置かれているのか、またどのような姿を目指すべきなのかについて、少人数のグループに分かれて話し合いました。

最初のお題は、「シュタイナー教育を、初めての人にも分かりやすく説明して下さい。」

欧米ではそれなりに認知されているものの、日本ではまだまだ知る人ぞ知るシュタイナー教育の特長について、家族、友人、同僚や地域の人達に理解してもらうには、どのように説明したらよいのでしょう、ということでした。

全国各地の親から様々な意見が出ましたが、共通していたのは、シュタイナー教育を受けた子供は「健全な自己肯定感を持っていて、自分の考えや感情を表現すること、また相手のそれらを受け入れることを自然体で行える。」といったところでしょうか。

時に「マイペースな教育」ともとらえられますが、実はとても協調性の高い人間に育つ、という意見もありました。
将来的に、シュタイナー教育がなるべく多くの家庭にとって選択肢の一つとなって欲しいというのも、共通した思いでした。


次の分科会「料理」ではピザ生地をこねて石窯で焼き、夕食の準備。

分科会2は絵画、音楽、彫塑(ちょうそ)、オイリュトミーなど。昨日までは顔も名前も知らなかった人が、一緒に1つのものを作り上げていく仲間となっていきます。

校庭で全員集合してアクティビティをした後、

夕方近くになり暑さも和らぎ始めた頃、参加者全員が校庭に出てゲームをしながら1つの輪になり、つながりました。

この日のために結成した本校保護者のオーケストラの演奏にのせて踊り、歌っている様子は、大きなエネルギーを感じました。

ホールで皆で夕食を食べて終了。

参加者の笑顔を倍増させた、私たちの学校の名物「おもてなし」。食事係の保護者は少しの妥協もせず、体力と気力と愛情を出し切って参加者のお腹と心を満たしてくれました

長い一日でしたが、各地の親の熱い想いに元気をもらったイベントでした。
遠方から来てくださった保護者の皆さん、ありがとうございました!

1・3・6年保護者

保護者ブログ:100周年保護者カンファレンスに向けて