1/11(土) 竹下和男先生講演会「食をめぐる 子ども、若者、家族の問題について」*終了しました

子どもが作る「お弁当の日」の提唱者、竹下和男先生の講演会を、東京賢治シュタイナー学校で開催します。2020年秋には、お弁当の日の取り組みが20年を迎え、全国に広がっていったこの取り組みの記録映画も公開予定です。竹下和男先生が、食や家族をめぐる問題をテーマにお話してくださいます。みなさま、どうぞご参加ください。

日 時 : 2020年1月11日(土)8:30~10:00 *終了しました
会 場 : 東京賢治シュタイナー学校ホール
(JR立川駅から多摩モノレール1駅「柴崎体育館」 徒歩7分)
参加費 : 1,000円予定 (※要予約
対象年齢 : 中学生以上 ※お子様を連れての入場はできません。
お申込み・お問合せ : 東京賢治シュタイナー学校

講師:竹下和男先生
 子どもが作る「弁当の日」の提唱者。
 1949年香川県生まれ。故鳥山敏子先生の実弟。香川大学教育学部卒業。香川県内の小中学校教員19年、教育行政職9年の経験を経て、2000年度から綾川町立滝宮小学校の校長に。子どもたちが自分でお弁当を作る「弁当の日」の取り組みを始める。その後、高松市立国分寺中学校、綾川町立綾上中学校でも校長として「弁当の日」を実践し、現在までも続いている。
 退職後は執筆・講演活動で全国を廻り「弁当の日」を広める活動をしている。「弁当の日」実践校は47都道府県約1800校にのぼる。
 2003年『地域に根ざした食育コンクール』で最優秀農林水産大臣賞を受賞。
 著書に『弁当の日がやってきた』『台所に立つ子どもたち』『ごちそうさま もらったのは命のバトン』など多数。
 2020年秋に映画「弁当の日」が公開予定。

映画「弁当の日」予告動画へ

お申込み・お問合せ : 東京賢治シュタイナー学校(メールフォーム)

<申込み時のご注意>
上記ページの『メールフォーム』でお申込みいただくと、すぐ自動返信が返りますが、申込み受付が完了した場合は、その旨を別途お知らせします。必ず、そちらをご確認ください。
返信がない場合は、受付ができていない場合がございます。お手数をおかけしますが、再度お問い合わせください。