マタンプシ

東京賢治シュタイナー学校の2年生が取り組んだマタンプシです。オープンスクールのアイヌ民族の舞で着用します。

子どもたちが2年生になり、編物において右と左の網の目に対する感覚が確実になったら、かぎ針編みが導入されます。右手でかぎ針を持ち、左手に糸をかけ作業します。新しい作業のリズムの中で、それぞれのくさりの目を注意深く見つけていきます。くさり編みと細編みをリズム的に交互に繰り返し、渦のように円状にだんだん大きくなるよう編んでいき、網や大きな網目の入れ物などをのちに製作できる準備をしていきます。さらに、アイヌ民族の刺繍にも取り組みます。HPより抜粋