東京賢治シュタイナー学校の3年生がお世話をしている蚕が、卵から孵化して1ヶ月ほどで繭をつくています。3年生の観察では、蚕の糞は普段は堅いけれども、繭を作る準備に入った時におしっこをするから、混ざって柔らかい糞になると教えてくれました。なので柔らかい糞があると繭作りの準備に入ったとわかるそうです。


糸を吐き出して繭作りをしています。