新しい建物に愛を込めて~親たちの大工部

もうすぐ、新しい建物が完成します。
作業の一部を、大工部の保護者たちが担いました。

3月19日〜21日の3日間、親工事で新しい建物のフローリング貼りをしました。
賢治の学校初の新築建物というのと久しぶりの親工事ということもあり、
たくさんの人が集まってくれました。

やっぱり新築建物、綺麗に仕上がっていて、いろいろと大工経験はあるものの、
作業するとなるとちょっとドキドキしました。

朝、作業説明をしてからスタートです。

フローリング貼りのようす

過去に全教室のフローリング貼りも親工事で行なったこともあり、
その時には水平や床の状態もバラバラでかなり苦労したのですが、
今回は新築ということもあり、きっとやりやすく、人数もいるし
早ければ1日で終わるんじゃないかと軽く考えていました。

しかし始まってみると、1階は袖壁(そでかべ:柱・壁から垂直に張り出した幅の狭い壁のこと)のあるところからのスタートだったので、
波に乗るまでに時間がかかり、
2階は、前半は良かったのですが後半斜めに板をカットしなければならないところから、
ペースが遅くなりました。

フローリング貼りのようす

板は思ったより硬く、下穴を開けないとビスは折れるし、
やはり新築の建物ということで傷をつけたくないといつもより慎重になっていたのか。
結局3日間かかってしまいました。
あっという間でしたがみんなで楽しく作業ができました。

フローリングの写真

亜麻仁油を塗り、美しい床に仕上がりました

 

困難な作業も多いですが、出来上がったところを見た子どもたちを想像するだけで力が湧いてくるので親の皆さんは笑顔で達成できるのだと思います。

まだまだ先生たちからの要望?はあるようなのでこの後も頑張ります。
応援よろしくお願いいたします。
もちろん、大工部への参加も大歓迎です。

10年 保護者

新しい建物は、5月28日開催の オープンスクール(予約受付中) でお披露目します。
皆さまのご来場を、お待ちしています。

・ ・ ・ ・ ・ ・

イベント情報や日常の様子を配信しています。インスタグラム、Facebook、メルマガ、LINEに、ぜひご登録下さい。

▲▲▲【シュタイナー教育100周年!】▲▲▲