迷路づくり

東京賢治シュタイナー学校の3年生が、学校祭で体験した高等部の出し物の段ボール迷路に感化されて、教室で机と椅子で迷路を作りました。生徒たちは「面白いよ」と言って、教員室まで迎えにきてくれました。