お米の脱穀

東京賢治シュタイナー学校の3年生が、自分たちで育てた稲の脱穀をしました。始めは手で扱くところから始まり、先日は千歯こき、今日は足踏み脱穀機を使いました。