4年生の算数

自分と世界がしっかり別れた4年生になると、複雑な世界を分析する力が現れてきます。ですからこの分析的能力の取り組みにふさわしい分数が導入されます。

最初は円、またはケーキ、時計など取り上げ、そこから目に見えるように解かりやすく、半分、三分の一、四分の一、八分の一、に分けていきます。そこで出てきた部分同士の互いの大きさの関係を比べながら考察していきます。その他には、四則演算の発展と、100万の単位までの数を学んでいきます。さらにさまざまな練習を続けながら、計算においての柔軟さを育んでいくことができます。(HPより抜粋)

 

お知らせ

子ども達が受けている授業を追体験していただくために、511日(金)青山のウイメンズプラザにて大人の体験授業を行います。

ぜひいらしてください。

詳細はこちら。

5/11(金)シュタイナー体験「金曜講座」プレビュー企画〈一般公開〉 | 東京賢治シュタイナー学校

また、1,2年の算数についてはこちらの中を参照してください。

1年の学び | 東京賢治シュタイナー学校

2年の学び | 東京賢治シュタイナー学校

そしてもう一つ、ヘルムート・エラー先生の著書「人間を育てる」もご参照ください。

出版物の紹介 | 東京賢治シュタイナー学校