6月26日(月)おひさまぽかぽかクラスへのお誘いと前回の様子

 おひさまぽかぽかクラスは、0~3才の親子と妊婦さんがゆったりと過ごせる場です。


次回は626()10:00-11:30「子どもと信頼関係どうつくる?~子どもがわかる親になるために」をテーマに園長先生がお話しします。
子どもたちは横でゆったりと遊べます。そして美味しいおやつ付きです。
私はこれまで子育てが大変だと思う時、幾度となく園長先生のお言葉に慰められ、支えられ、励まされてきました。そんな園長先生の魔法の言葉を見つけに、どうぞお出かけください。詳細とお申し込み方法は、こちら

ここからは前回のおひさまぽかぽかクラスの様子をお知らせします。

612日の回は、羊毛ボール作りをしました。
羊さんからおすそ分けしてもらった毛(ウール)を丸めてボールにします。
まずは、夏みかんくらいの大きなフワフワの白い羊毛の玉に、好きな色の羊毛を巻きつけます。皆それぞれ個性的です。

そして、石けんを溶かしたぬるま湯の中で、羊毛ボールをモミモミなでなでします。気温が上がってきたこの季節、水に触れるのは楽しいですね。子どもたちはお母さん達が巻きつけるのを待ちきれず、この泡ブクブクのたらいにどんどん近づいていってました。

ウールのセーターを石けんでゴシゴシ洗うと縮んでしまいますよね。この特性(フェルト化)を活かして、羊毛ボールを洗うと、フワフワだったのがキュッと縮んで、色の羊毛がペタッとくっついて、ツルツルのきれいなボールに仕上がります。「まるで赤ちゃんの頭を洗ってあげてるみたい」とうっとりとしていたお母さんもいました。

色とりどりの美しい羊毛ボールが完成した後はおやつです。つるんとして美味しいお豆腐とバナナのプリン(卵・牛乳不使用)を、あっと言う間に子供たちは平らげました。

園長先生は、「みなさんは何か食べた時や何かした時に「あれ、これって知ってる香り。この場面、何か懐かしい」と思うことはありませんか?それは子どもの頃の記憶、原体験を思い出しているのです。子どもは体全体が感覚器です。羊毛のフワフワ、石けん水のアワアワ、バナナの良い香りと美味しさ、みんなで一緒に過ごしたこの楽しい時間が、原体験として子どもたちに染み込んで行きます。こういう体験を増やしていけるといいですね。」とお話しされました。
(文責:2年保護者)

 

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・

イベント情報や日常の様子を配信しています。インスタグラム、Facebook、メルマガ、LINEに、ぜひご登録下さい。

▲▲▲【シュタイナー教育100周年!】▲▲▲