保護者ブログ

「保護者ブログ」記事一覧

入学してよかったこと〜親子で始まる新しい学び

新1年生が入学し、あどけなさの残るその佇まいを見ていると、1年前私たち家族も期待と緊張に胸を膨らませながら、この学校の門をくぐったことを思い出します。 入学したら毎日がとても濃密で、息子は毎日「今日も全力で走り抜けてきま… もっと読む »

毎日の子どもの送迎〜入学検討中の方へ

入学・編入を検討されている方からよく聞かれることの一つに「子どもの送迎」があります。基本的に低学年のうちは登下校に保護者が付き添い、様子を見ながら一人での登下校に移行していくのですが、子どもが6年生になった現在でも&#8… もっと読む »

学童はまるで大きな家族!〜入学検討中の方へ

私たちの学校には、学内の生徒向けに学童保育があります。共働き家庭で、子どもを預けて5年目になる保護者が子どもの成長を綴りました。 *2019年7月16日の記事を再掲載しています。 5年生の息子は、1年生の秋から下校後の時… もっと読む »

臨時休校中に思い出した入学の理由

当たり前のことが当たり前でなくなり、その大切さに気づく時があります。入学して9年目の保護者が、新型コロナウイルス感染症に伴う臨時休校中に気づいたことを書きました。 「密」を避けるための休校と聞いた時、不安が正直よぎりまし… もっと読む »

自宅学習中のある家庭の様子

新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休校から2ヶ月以上が経ちました(2020年5月14日現在)。生徒たちは自宅で課題に取り組んでいます。 休校中の4月に7年生(中学1年)になった娘は、日々、担任の先生や専科の先生か… もっと読む »

11年生英語劇

毎年11年生(高校2年生)によって上演される英語劇。1年生の時から 積み重ねてきた英語の学びが舞台の上で生き生きと花開きます。 11年生(高校2年生)による英語劇が、2019年12月7日に学校内で上演されました。 演目は… もっと読む »

ドイツの先生への食事作り

毎年、ドイツのシュタイナー学校から6~8人の先生が入れ替わりで来日し、高等部のエポック授業、保護者向け講座、教師の研修、教員養成コースを担って下さいます。来日中の2週間は朝から夕方まで授業で過密スケジュールの先生に、感謝… もっと読む »

シュタイナー学校のクリスマス

1・2年生の生徒たちは、「アドベントガーデン」というクリスマスの儀式を体験します。 入学して初めてのアドベントガーデンの後は、息子と静かに過ごしたくて、早めに帰宅しました。家に戻ると息子は、「今日ね、こうやってリンゴを持… もっと読む »

8年生卒業劇

シュタイナー学校の小中学部8年間は、”船旅”に例えられます。1人の担任と生徒と親が1つの船に乗り合わせる学びの旅。その航海の最後を飾る8年生卒業劇。全身全霊で取り組んだ子ども達を見守ってきた親に、… もっと読む »