教師ブログ

「教師ブログ」記事一覧

モンゴル石を磨く

東京賢治シュタイナー学校の学童で、学校での通称「モンゴル石」と呼ばれる石を磨いています。この石は10年以上前に、ゲルと共にはるばるモンゴルからやって来て寄付された石です。今でも石磨きの材料として引き継がれています。

アメンボウ

東京賢治シュタイナー学校の3年生が田植えをした校庭の小さな田んぼに、大小様々なアメンボウがやってきています。アメンボウは稲を枯らす虫を駆逐してくれるそうです。

カニガラ田んぼで田植え

東京賢治シュタイナー学校の3年生がカニガラ田んぼで田植えをさせてもらえました。田植えが終わった後は、ジャガイモ、紫蘇、スベリヒユをたくさん収穫させてもらえ、お土産にくださいました。 カニガラ田んぼ沿いの水路はコンクリート… もっと読む »

根付いてきた

東京賢治シュタイナー学校の3年生が植えた苗がしっかりと根付いたのか、小さいながらとてもたくましく見えてきました。日々の世話が実を結んできています。

卒業生シンポジューム

東京賢治シュタイナー学校で在校生の親の方と高等部生徒に向けて、卒業生シンポジュームが開かれました。卒業生は7、8、9期生が集まってくれて、どんな質問に対しても飾り気なく卒直に語られ、とても素晴らしい会になりました。

東京賢治シュタイナー学校の3年生がお世話をしている蚕が、卵から孵化して1ヶ月ほどで繭をつくています。3年生の観察では、蚕の糞は普段は堅いけれども、繭を作る準備に入った時におしっこをするから、混ざって柔らかい糞になると教え… もっと読む »

生まれてくる空間

東京賢治シュタイナー学校の7年生の器づくりは、2週間前に丸太から切り出した四角いブロック状の木を彫り始めたところでした。そして今では、美しく豊かな空間が生まれてきています。

10年生の織物

東京賢治シュタイナー学校の10年生が織物に取り組んでいます。天然顔料で糸を染め上げてこれから本格的に織りにに入っていきます。 HPからの抜粋もご覧ください。 「織物では紬から作業を始め、さらに織物へと発展させていきます。… もっと読む »

竹馬の解体

東京賢治シュタイナー学校の2年生が、修理ができない竹馬を解体してくれています。ネジ、紐、竹と、分別にも取り組んでいます。

英語劇「Appointment with Death」

東京賢治シュタイナー学校の11年生が英語劇「Appointment with Death」の公演を終えました。1時間以上セリフは英語のみ、公演の中で彼らの成長が感じられました。素敵な公演ででした。