種まきとお誕生日会の収穫

新年度が始まり少し落ち着いてきた頃。

お父さん方が、年度末に作って下さっていた新しい畝に種まきをしました。

大きな立派な畝に5種類の種。
ミニトマト、バジル、こまつな、オクラ、つるむらさきです。

枯れた草や葉っぱの下に出来たふわふわの土の中で、小さな種たちが成長を始めます。

年度末に植えたじゃがいもは、元気な芽が出て立派な葉っぱが出ています。
その横にはブルーベリーが花盛り。

沢山の実がなるのが楽しみです。

私はのらぼう菜という野菜を、立川に引っ越して初めて知りました。
聞けば西多摩地方周辺の伝統野菜。

茎を手でポキッと折って収穫し、その後にまた次々と新しい葉が出て茎が出てくるので、江戸時代には飢饉の際人々を救ったそうです。
そんな歴史があって力強い野菜だったとは。

変な名前と思っていたのでごめんなさい。

春休みの間に大きく大きく育ったのらぼう菜は、茎は木の幹のように硬くなっていましたが葉っぱは瑞々しく青々としております。

そしてこの日は年長さんの女の子が6歳のお誕生日を迎えました。
園のお誕生会に合わせて収穫した間引き人参とのらぼう菜の葉が、お祝いのお膳に上りました。
菜の花は花束に。

年中保護者 T