幼児から高等部の一貫教育

◇一貫教育の必要性

東京賢治シュタイナー学校では、幼児部の3年間に加え、小学校1年にあたる小学部1年生から高校3年生にあたる12年生まで、計15年間の一貫教育を実践しています。

すべてのカリキュラムは、人間の成長を包括的に見ていく「人間学」という教育理念に基づいて構成され、生徒はまさに今の自分の成長に必要な栄養を、教育の中でもらっているのです。

幼児期の課題、小学部低学年、高学年の課題、中学部、そして高等部の課題は、それぞれ別のものとして発展していきます。種からすぐに花が咲くのではなく、小さい芽や根っこが出て、そのあとに葉や茎が生長し、最後に美しい花を咲かせるというように、シュタイナー教育は、植物の成長と比較することができます。

ここで幼稚園から高等部までの一貫教育を実践することにより、根っこからお花までの全成長過程に取り組めるのです。

私たちはこれまで、それぞれの子どもの成長過程を知っている教師同士が、幼児部から高等部まで肩を並べることにより、一人ひとりの子どもをしっかりと見つめ、育んでいける土台をつくり上げています。そして育ちゆく人間が、学びという愛の力をそれぞれの成長過程で受け取ることによって、自分自身の精神性を高めながら、世界をしっかりつなげていける真の大人へと成長していくことを、心から願っているのです。