学習発表会とは?子供たちが学びをイキイキと発表

学習発表会とは?子供たちが学びをイキイキと発表

発表する事は、自分の学びを表現すること、自分自身を表現することです。表現することは自分が出ていくことであり、出ていく中で自分を客観的に見つめることができる、大きな成長にもつながっていくのです。発表は人間を強くしていきます。

You may also like

エポック授業とは?シュタイナー教育の中心的授業 1
エポック授業とはなんでしょう?それについてできるだけわかりやすく説明していきます。集中して学ぶことの意味についても語っていきます。
1877 views
子供の成長過程に応じたシュタイナー教育
それぞれの年齢に合った教育を行うことで、育ちゆく人間の中に潜むここの能力が豊かな形で現れてきます。ふさわしい年齢でさが強い学びを。これがシュタイナー教育の基盤です。
978 views
「5=3+2」なぜ。シュタイナー教育は計算が逆なのか?
算数の授業では結果から入ることを始めることにより、より想像力豊かな人間になっていく過程を目指します。
1227 views
子供の年齢に合わせたメディアとの関わり方を解説
メディアを自分たちでしっかりとコントロールできる大人になっていくために、体験を通した学びを下の学年でたくさんしていくことが、メディアに操作されない人間として成長し、クリエイティブな形でメディアと取り組んでいける人間づくりを目指しています。
1092 views
人間の7年周期とシュタイナー教育の関係
それぞれの時代にそれぞれの人類の課題があるように、1人の人間の成長においてもそれぞれの年齢にそれぞれのふさわしい課題があるのです。
1824 views
ルドルフ・シュタイナーという人物について
シュタイナーは少年時代に自然の中でたくさん活動することを通して、後の人生の力を培っていったと言えるでしょう。シュタイナー教育の土台にある彼の人生の歩みがお伝えできることを願います。
2107 views
シュタイナー学校における1年生の教育の特徴
1年生ではしたいな学校でどのような学びをするのでしょうか。具体的にわかりやすくお話ししていきたいと思います。
1160 views
シュタイナー教育が12年間一貫教育取り入れるわけ
なぜ12年間一環教育が重要なのでしょうか。その深い意味をたくさんの例を挙げて説明していきます。長く生徒に携わることの意味について考えていきたいと思います。
1329 views
シュタイナー教育の誕生 1
シュタイナー教育はどのように誕生したのでしょうか?当時のタバコ会社の社長であったモルト氏の話を中心に初期のシュタイナー学校の様子をお伝えします。
1279 views
子供の手仕事と思考力の深い関係
手仕事は知的な力をつける授業だと100年以上前にシュタイナーは主張していました。現在では神経科学の中でも、地面のこととなっています。手と脳がどれだけつながっているかは60年代のペンフィールドのテーマでも一般的に知られています。
1280 views

Page 2 of 2

新しい記事:

過去の記事: