2019年、シュタイナー教育100周年! 記念事業のご紹介

なぜ、今、シュタイナー教育なのか?
子どもたちのこと、未来のこと、地球のこと……
ほんとうの教育ってなんだろう?

 
1919年に初めてのシュタイナー学校ができてから100年!
2019年9月19日、シュタイナー教育は100周年を迎えます。
次の100年へ、世界を変える学び。”Learn to Change the World”

シュタイナー教育100周年は、この教育が未来に開かれた教育として次の100年の成長ビジョンを描くための祭典です。世界で、日本で開催される様々なイベントに、ぜひ皆さんもご参加ください。ともに子どもたちと社会の未来を描きましょう!

ヴァルドルフ/シュタイナー教育100周年ウェブサイト
※このサイトは日本シュタイナー学校協会によって運営されています。

夏休みのシュタイナー教育体験
企画展in渋谷「世界がかわる学び ~シュタイナー教育100周年~」

ここ日本でのシュタイナー学校の活動を、多くの人に見て・触れて・感じていただけるような企画展「世界がかわる学び ~シュタイナー教育100周年~」を開催します。

企画展in渋谷の内容を紹介します!

日時 : 2019年
    8月16日(金)14:00~20:00 *終了しました
    8月17日(土)10:00~20:00 *終了しました
    8月18日(日)10:00~18:00 *終了しました
会場 : 渋谷区文化総合センター大和田(渋谷駅から徒歩5分)
   〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-21
入場料 : 無料
主催 : 未来の教育を考える会「ヴァルドルフ100ジャパン」
共催 : 日本シュタイナー学校協会

企画展in渋谷「世界が変わる学び~シュタイナー教育100周年~」公式HPへ

学校協会のインスタグラムやFacebookで日々記事がアップされています

シュタイナー教育100周年「世界がかわる学び」Facebook①へシュタイナー教育100周年「世界がかわる学び」Facebook②へ日本シュタイナー学校協会のインスタグラムへ

ヤフーニュースに掲載されました。ありがとうございました。

「俳優・斎藤工さん×映画監督・河瀬直美さん」シュタイナー教育を語る90分(おおたとしまさ)

https://news.yahoo.co.jp/byline/otatoshimasa/20190817-00138772/
 


ヴァルドルフ/シュタイナー教育100周年を記念して制作した、河瀨直美監督によるショートムービーが公開されました。

日本全国のシュタイナー学校の姿を子どもたちの表情、教員へのインタビューを通して紹介しています。次の100年へと紡がれていくこの教育の「いま」を、ぜひ感じ取ってください。

河瀨直美 監督 プロフィール

河瀨直美 (KAWASE NAOMI 映画作家)

生まれ育った奈良を拠点に映画を創り続ける。一貫した「リアリティ」の追求はドキュメンタリーフィクションの域を越えてカンヌ国際映画祭をはじめ、世界各国の映画祭での受賞多数。世界に表現活動の場を広げながらも故郷奈良にて、2010年から「なら国際映画祭」を立ち上げ、後進の育成にも力を入れる。2018年、最新作『Vision』(主演:ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏)は6月8日より全国公開。また、11月23日よりパリ・ポンピドゥセンターにて、大々的な河瀨直美展が開催される。毎週日曜日α-STATION FM京都89.4『UNDER THE TREES』ラジオ番組のDJを担当。
 公式サイト www.kawasenaomi.com
 公式ツイッターアカウント @KawaseNAOMI

シュタイナー教育100周年!お祝いのメッセージ

各界の著名人から届いたお祝いの言葉を公開しています。

シュタイナー教育100周年!お祝いのメッセージnew!

関東2校の卒業生が熱く語る卒業生座談会

「未来の先生展2018」でで開催した関東2校の卒業生による座談会の記録を、100周年記念コンテンツとしてお届けします。
ヴァルドルフ/シュタイナー教育で育った卒業生が、どのような価値観をもってどのように生き、また、自分の学生時代をどのような想いをもって振り返っているのかが伝わる、ライブ感あふれる記録をお楽しみ下さい!

関東2校の卒業生が熱く語る卒業生座談会

対談シリーズ「なぜ、今、シュタイナー教育なのか」

8月16日(金)~18日(日)に開催する企画展に向けたプレ企画として、ふたつの講演会が開かれました。

6月23日(日) 13:30~15:30 【第1回】*対談*~小さい子との限りある美しい時間のために~ *終了しました

「子どもには幸せな人生を送ってほしい」。親であれば共通の願いではないでしょうか。それと同時に、「この時代に乗り遅れてはいけない」という危機感も背中合わせでお持ちの方も多いのではないかと思います。
幼児教育を知り尽くしたお二人が、あたたかくも本質的な子育ての極意について語りあいます。勇気と希望と喜びを持ち帰っていただけるような対談を、どうぞお楽しみに。

三砂 ちづる(津田塾大学教授/作家)
松浦 園(日本シュタイナー幼児教育協会代表)

日 時 : 2019年6月23日(日)13:30~15:30 *終了しました
会 場 : 青山学院大学青山キャンパス 総研ビル(14号館)11階 第19会議室
受講料 : 前日までのお振り込み:2,000円 / 当日受付払い:2,500円

「なぜ、今、シュタイナー教育なのか?~100周年記念対談シリーズ~詳細へ

7月21日(日) 13:30~15:30 【第2回】*鼎談*~医療、教育、芸術の観点から見た子どもの未来と健康~ *終了しました

未来を生きていく主人公はいったい誰でしょうか。それはまさに今、目の前にいる子どもたち、これから生まれてくる子どもたちです。彼らこそ、私たちが作り出していく未来を生きる主人公なのです。
時代が困難さを増す中、子ども一人ひとりに即した未来の「教育と健康」について、教育・治療教育・医学・芸術の観点から光をあてる鼎談をお贈りします。

山下 直樹(シュタイナー治療教育家/名古屋短期大学准教授)
志水 祥介(内科医/アントロポゾフィー医学認定医)
はた りえこ(オイリュトミスト/日本シュタイナー学校協会代表)

日 時 : 2019年7月21日(日)13:30~15:30 *終了しました
会 場 : 青山学院大学青山キャンパス 総研ビル(14号館)11階 第19会議室
受講料 : 前日までのお振り込み:2,000円 / 当日受付払い:2,500円

「なぜ、今、シュタイナー教育なのか?~100周年記念対談シリーズ~詳細へ

「世界を変える学び」Waldorf 100
シュタイナー教育100周年記念動画(日本語字幕)

【字幕訂正のご案内】
字幕およびエンドロールの一部に誤りがありました。以下のように訂正いたします。

05:48付近
(誤)「1828年のNY」→(正)「1928年のNY」
07:16付近
(追記)「ケニア、タンザニア、ウガンダ、」
17:05付近 Translationのリスト中
(誤)「Masahi Satoh」→(正)「Masashi Satoh」