11年生 英語劇「Our Town(わが町)」(2016/12/17上演)

2017年、明けましておめでとうございます。

昨年のことになりますが、高等部11年の生徒たちが、英語の授業の一環で、アメリカ演劇を代表する不朽の名作「Our Town(わが町)」:Thornton Wilder(ソーントン・ワイルダー 作)を演じました。

舞台は、米国ニューハンプシャー州の架空の田舎町。

どこにでも起こりうる平凡な日常の出来事で物語は始まります。

簡素な机や椅子だけの舞台装置なため、時にはパントマイムのような動きを使い、日本人である彼らがアメリカ人になり切って、特徴的なしぐさや表情を交えながら、個性豊かに演じていました。

英語の演技となると、いつもと全く違った表情(いきいきとしている!?)が出る生徒もいて、本当はアメリカ人として生まれたかったのでは・・・!? と思うほどでした(笑)。

この劇の最後の幕で、登場人物の一人である女性が亡くなり、死者の世界に入ります。

彼女は、生前の生活を振り返ることを望み、自分の若き日のある誕生日を選び、その時を再体験します。

そこには懐かしく美しい町の風景があり、家族との日常生活の素晴らしさに感動を覚えます。

しかし、家族たちは日々の慌ただしさに気を取られ、お互いの目を合わせることもままならないことにも気づき、深い悲しみを覚えつつ死者の世界に戻ります。

地球上の全ての人たちに、等しく与えられている時間は、どのような時であれ、あちらの世界から見れば、輝いているのかもしれない・・・。

人生の本当の意味を、ひとつひとつの出会いの意味を、その経験の全ての意味を知りたくなりました。

そして、人生を終えた後、私たちはどこへ向かっていくのでしょうか?

生徒たちが演じる姿は、それぞれに個性豊かな輝きを持っていて、感涙しました。

人生という舞台を与えられた私たち、親も負けずに頑張りましょう!!!

(11年生保護者)